Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.39ME-4と6.39PRO-B6を合体させてデュアルブート化!

以前紹介しきれなかった、CFW(LCFW)6.39ME-4と6.39PRO-B6のデュアルブート化手順を紹介します。
6.39 DualBootImage

詳細は続きを読むからどうぞ>< デュアルブート化(トリプルブートも可)
デュアルブートについてですが、neur0n氏は可能と述べています。
ただしこの発言は動作保証をしたものではないことを心に留めておいてください。
内部flashをモジュールを追加している上に、両者が両者のLCFWに完全に配慮して、開発をしているわけではありませんので、未確認のエラーが発生する可能性もあります。
また、PSP-3000などの対策基盤の場合、復旧手段がないので安易にデュアルブート化すると大変な事になってしまうかもしれません。

ですが、デュアルブートの利点を利用して、先にPRO-B6をインストールした状態で、ME-4をインストールすると、PROのVSHメニューは削除されME-4のものになります。したがって、LCFW6.39PROの状態にすると、PROの状態のままMEのVSHメニューの機能を使用することが可能になります。こうした利点を使用する事によって双方の弱点を克服できますね。

デュアルブート化手順
・対策基盤のPSPの場合(PSP-3000、PSPgo等)
LCFW6.39ME-4を導入この記事を読んでLCFW6.39PRO-B6を導入すればOKです。
XMBより、FastRecoveryを起動すればLCFW6.39PRO、Launcherを起動させればLCFW6.39ME-4になります。

・非対策基盤のPSPの場合(PSP-1000~2000)
CFW6.39ME-4を導入後、この記事を読んでLCFW6.39PRO-B6をインストールさせればOKです。

トリプルブート化手順(非対策基盤のみ)
CFW6.39ME-4を導入したあと、LCFW6.39ME-4を導入します。この記事を読んでLCFW6.39PRO-B6をインストールさせればOKです。普通に起動させればCFW6.39ME-4、homeボタンを押しながら起動させればOFW6.39、XMBより、FastRecoveryを起動すればLCFW6.39PRO、Launcherを起動させればLCFW6.39ME-4になります。
コレ、クアッドブートやんけ!

実際は同時に全部起動しているわけではなく、CFW6.39ME-4とLCFW6.39ME-4はほぼ同じなので意味ありませんし、公式起動もしていないので実質6.39ME-4と6.39PRO-B6のデュアルブートになります。

一つのPSPに↓をぜんぶ入れられるわけです。
・OFW6.39
・CFW6.39ME-4
・LCFW6.39ME-4
・LCFW6.39PRO-B6
モジュール名をリネームすれば、PROの状態でMEドライバーが使えたり、UMD VIDEO MOUNTが使えたりと便利ですね。逆もありです。

楽しい事になりそうです。

関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/95-68765562

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。