Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

acer ICONIA A200のroot取得からROM焼きまで

値段が手ごろになってきた10インチなAndroidタブレットのICONIA A200を、タイトル通りroot化からのROM焼きまでしてみたので手順をメモ書き程度にまとめてみます。

注意
Androidの基礎的な知識を持っていて、Android SDKがインストール済みであるを前提としています。
もちろん導入・実行は自己責任で。A200がまな板になっちゃっても責任は取りませんのであしからず。



jelly.png

root化手順

とても便利なA200用のroot化ツールが公開されているので手順は簡単です。
あらかじめA200のADBドライバをインストールし、端末側でUSBデバッグをオンにしておいてください。

1. フォーラムのトピックにroot化ツールのダウンロードリンクが貼ってあるのでダウンロードしてきます。
  SimpleRoot (super simple root for your Acer Iconia Tab A200)

2. ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに解凍してください。

3. AcerA200SimpleTool.batを実行します。するとADBドライバをインストール済みか聞かれるので 1 と入力してEnterキーを押します。
roottool1.png

4. ようやくメニューが出てきますが、初回起動時は 1 と入力してブートローダーのアンロックを行ってください。ここでアンロックしておかないと、後の処理ができなくなります。
roottool2.png
A200がリブートし鍵マークが画面に表示されるので、音量ボタンの+と-で鍵マークを選び電源ボタンで選択を決定します。
決定後、A200は勝手にリブートし、ブートローダーのアンロックが行われます。
アンロックが終わるとSimpleToolにメニューが表示されるので次のステップに進んでください。

5. メインの作業、root化とリカバリの書き込みをします。メニューで 4 と入力してEnterキーを押します。ブートローダーはアンロックしたか?的なメッセージが出るので 1 と入力してEnterしてください。
勝手に再起動します(何度も再起動するので心臓に悪い)

6. A200が正常に起動して、suコマンドが使えれば導入成功です。
この時自動でSuperuser.apkがインストールされます。もしもSuperuserがインストールされていない場合はSimpleToolフォルダ内にapkが入っているので手動でインストールしてください。


カスタムROMを焼いてみる

Acer Tablet forum内で、有志の方がA200向けにビルドしたAndroidのカスタムROMが公開されています。
Acer A200 ROMS
今回は比較的安定していそうなCM10 JellyBean 4.1.2 Unofficial for acer a200を焼きます。
CM10 JellyBean 4.1.2 Unofficial for acer a200

手順

1. 先ほど貼ったフォーラムのトピック内のリンクからA200用のcm-10-20121027-UNOFFICIAL-a200.zipをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルはA200の内臓ストレージではなく、SDカード内に転送しておいてください。

2. jellybean用のgappsもダウンロードしてSD内カードに転送してください。
Jelly Bean Gapps 20121011

3. 任意でオーバークロックカーネルを焼きたい方はgm-a200-v2.0-signed.zipをダウンロードして一緒にSDに転送しておいてください。
http://goo.im/devs/godmachine81/a200_kernel

4. ファイルの準備が終わったらA200をリカバリーから起動させます。
コマンドラインからreboot recoveryするか電源を切った状態で音量ボタンの-を押しながら起動させてください。

5. CWM based Recovery v5.5.0.4が起動するので念のためにbackup and restoreで現在の状態をバックアップしておきます。
音量ボタンの+と-で選択、電源ボタンで決定です。

6. wipe data/factory resetを行います

7. wipe cache partitionを行います。

8. install zip from sdcardを選択、メニューが出るのでchoose zip from sdcardを選択。
すると、SDカード内のファイル一覧が表示されるの最初に転送したcm-10-20121027-UNOFFICIAL-a200.zipを選択してインストールします。

9. ROMのインストールが終わったら先ほどと同じ手順でgapps-jb-20121011-signed.zipを選択してインストール。
任意でオーバークロックカーネルを焼く場合はgappsをインストールしてから同じようにインストールしてください。

10. 起動時のメニューに戻りreboot system nowを選択してA200を再起動させます。導入に失敗していなければAndroid 4.1.2 JellyBeanが起動するはずです。初回起動時には時間がかかりますがゆっくり待ちましょう。



考察
rootedなROMなので、快適なタブレットライフを送れそうです。
A200は海外でも販売されており、兄弟機のA500のHackが盛んなおかげで多くのカスタムROMが利用できますねぇ。
最近では実用性には乏しいものの、Android 4.2のROMも登場してたりします。

定期的なバックアップも忘れずに。リカバリーメニュー内から内臓ストレージごとOSをバックアップできるので、大容量のSDカードを用いてOSごとにバックアップするのもありかもしれません。

オーバークロックカーネルを焼くと、通常1GHzまで制限されているCPUクロックを1.5GHzまで拡張できます。
1.5GHz駆動時は動画再生もまぁまぁなめらかに、ゲームの動作も少しはモッサリ感が解消されるような感じがします(あくまで主観)

今回の記事はこれで終わりです。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/195-e7b59d5c

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。