FC2ブログ

Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vita × HBL for Motorstome Raging Ice

PSP用の自作ソフトを動かすためのeLoaderである、Half-Byte-Loader(HBL)がPSPエミュを搭載したPS Vitaでも動くように改良されて公開されています。このHBLを動かすためのゲームタイトルは先日の記事の通り「Motorstorm Raging Ice」です。
vHBL
VHBL for Motorstome Artic Edge Released! - Wololo.net

概要
このVHBLはteckさんの発見した、Motorstorm Raging Ice(JP以外はMotorstome Artic Edge)のSaveGameExploitを利用したeLoaderです。
元々Half-ByteLoaderは、PSP-3000のFW6.00~FW6.20時代の頃、HENが登場する前の時期に合法的に自作アプリを楽しむために登場しました。PSPのゲームに存在する脆弱性を利用して、自作コードを実行しています。セーブデータの脆弱性を利用したものがほとんどですが、中にはATRACの読み込みクラッシュを利用した物等もあります。
しかし、この脆弱性を利用して起動できるソフトはUserModeのみとなっており、ISO LoaderやAdhoc関係のアプリ等のKernelModeではないと動かせないアプリなどは、起動できません。
また、VHBLでは動くソフトも限られてます。中には転送すらできないソフトもあるかもしれません。
PSPでも動かせる物ばかりなので、どうしてもVita動かしてみたい!という方だけ導入してください。

注意
VHBLは利用規約に反した使用方法にあたるので、VHBLをインストールしたPS VitaはSCEのサポートを受けられなくなる可能性があります。理解できる方のみ導入してください。

Motorstome Raging IceをインストールされているVitaが必要です。現在、MotorstomeはすべてのPS Storeから削除されており、購入および再ダウンロードも不可能です。

導入・実行手順

上記のリンクから、VHBLに使用するセーブデータ本体をダウンロードしてきます。

セーブデータをPS Vitaに転送します。転送の仕方はこちらのサイトを見てください。

コンテンツ管理アシスタント(CMA)のバージョンが高いと、うまく転送できない場合があります。その場合はOpenCMaを使用してください。

LiveAreaからMotorstome Raging Iceを起動します。
LiveArea

PROFILE MANAGERが開いたらLOADを選択し、VHBLの入ったセーブデータをロードします。
SCE.jpg

メニュー画面になったら、WRECKREATIONを選択します。
screen1.jpg

TIME ATTACKを選択すると、PSNアカウントに登録するか聞かれるのでNOを選択します。
screen2.jpg
この画面でNOを選択
screen3.jpg

すると、HBLのロード画面になり成功するとwMenuが表示されます。
screen4.jpg

ゲームを起動する場合は「・・・」を選択してSAVEDATAを開き、インストール用のzipファイルの入ったセーブデータフォルダを選択し、インストールします。
インストール用のzipはHomebrewの入ったフォルダを圧縮ソフトで「無圧縮」を選択して圧縮し作成します。
zipファイルは他のセーブデータに入れてVitaに転送しておけばOKです。

フリーズ等も多いので、再起動を強いられることがあります
また、うまく起動しないHomebrewもありますが、今後のアップデートに期待しましょう。
関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/190-e781e663

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。