Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPとPS Vita共通の隠し機能とPS Vitaのセーフモード

Twitterで話題になっていたのですが、PS VitaやPSPの本体情報(システム情報)を詳細に表示する隠しコマンドが存在することが分かりました。

やり方はとても簡単で、本体情報(システム情報)を開いた時にL+R+□+←を5秒以上押し、放したらすぐSTARTボタンを押し続けます。
PSPの場合はversion.txtと何かの数字が表示され、PS Vitaの場合はSDKのバージョンや本体設定がどのバージョンで保存されたかなどが表示できます。また、PS Vitaの場合少しPSPより長く押したほうがいいかもしれません。
このコマンドはきっとSCEのサービスセンターで使用されているのでしょうね。

PSPの場合
System_Information

PS Vitaの場合(画面サイズを480×272に変更してあります)
PS Vita

また、PSPで表示する時にSTARTボタンを押し続ける必要があるのですが、押しているあいだに十字キーの左を押すと、ロックされSTARTボタンから指を離しても表示され続けるようになります。
No touch START
version.txtをPROなどのバージョン偽装機能で偽装していると、偽装したversion.txtが表示されるみたいです。
管理人のPSP-3000の方では表向きはFW6.80で中身がFW5.55の訳の分からないバージョンテキストが表示されてしまいました。
無理やり書き換えるのはよくありません(笑)
他にも△+□+SELECT+STARTを同時に押しながら起動すると初期化できるコマンドなども用意されているので探せばもっとあるのかもしれません。

PS Vitaのセーフモード
PS Vitaの電源を切った状態でPSボタン+R+電源ボタンを同時に長押しするとVitaをセーフモード起動することができます。

PS Vita Safe Mode
これは公式サイトにも載っているのですが、具体的な発動方法は書いておらずこのコマンドもやはり隠しコマンドのようです。


隠しコマンドがたくさん見つかりましたが、こういう機能を見つけるとワクワクしますね!







関連記事

コメント

セーフモードについて
電源を切った状態でR+START+△を押した状態で電源を押す。
そうすると、セーフモードになれるのだ~!!
闇風|2016-06-05
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/181-c5e71b45

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。