Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LCFW6.20/6.35/6.39/6.60PRO-B10 公開

Team PROよりLCFW6.20/6.35/6.39/6.60PRO-B10がリリースされています。
いいかげんPRO-Cでもいいような気がします....
LCFW6.60PRO-B10
ダウンロード < procfw – X-Generation Aftermarket Firmware for Playstation Portable™

更新内容
・ISO Chaceのバグを修正
・ISO Chaceでのキャッシュブロックの数値をデフォルトで256に変更
・Recovery Menuに入った際にCPUクロック数が333/166MHz以外だとフリーズしてしまうバグを修正
・カテゴライズプラグイン「GCLite」でISOという文字列を使用したカテゴリが認識されないバグを修正
・VshMenuのUSB Deviceを使用してUMD内のファイルをダンプする際に末尾2kbが正常にコピーされなかったバグを修正
・その他パッチ適用処理の問題を修正
・その他復号処理の問題を修正
・FastRecoveryを新たに更新!起動がすばやく行えるようになった
・RecoveryMenuとVshMenuでカスタムフォントと、翻訳機能を適用可能に
・XMBを起動した際にRトリガーを押しておくことでVSH系のプラグインをすべてオフにする機能を追加
・RecoveryMenuで選択項目をハイライトするようにした
・ファイルサイズが2~4GBのISO/CSOの読み込みに対応(そんなISOあんのか?)


導入方法は続きを読むからどうぞ>< サポートしているFWとモジュール
・6.20 [01g, 02g, 03g, 04g, 05g]
・6.35 [01g, 02g, 03g, 04g, 05g, 07g, 09g]
・6.39 [01g, 02g, 03g, 04g, 05g, 07g, 09g]
・6.60 [o1g, 02g, 03g, 04g, 05g, 07g, 09g, 10g, 11g]


LCFW PRO導入方法
導入・実行は自己責任です。


1.LCFW PROのインストーラーをダウンロードしてきて解凍します(使用するFWに合ったものをダウンロードしてきてください)

2.解凍したPROUPDATEフォルダと(FastRecoveryも使用する場合はFastRecoveryフォルダも)PSP/GAME/にコピーします。

3.XMBよりPRO-Bのインストーラーを起動します。
LCFW PRO-B9

4.↓の画像のような画面が出るのでxでインストール開始です。
6.20PRO UPDATE IMAGE
以下のような画面が出たらxボタンを押してXMBに戻ります。
6.20PRO UPDATE IMAGE

5.設定→本体設定→本体情報で、6.XXPRO-B10(6.20だったら6.20PROのようにバージョン名が入る)と表示されていたら導入成功です。

6.20PRO-B10 Permanent Patchの導入

概要
6.20PRO-B10にも、LCFWの状態を電源を切っても持続するPermament Patchが同梱されています。
これはflash0/vsh/vshmain.prxに、なんちゃって署名をしてPRO独自のモジュールを読み込ませるというトリックを使っっています。
CFWを導入できないPSP-3000やPSPgo、対策基盤のPSP-2000を使っているユーザーには、とってもありがたい機能です。
事実上FW6.20が動作できない07gモデルのPSP-3000では導入不可能です。
09gモデルでもDevee氏のダウングレーダーを使用することによりFW6.20をインストール可能ですが、動作報告があがってない上、不具合も多いので非導入推奨です。

注意
・PSPの内臓フラッシュに直接書き込みます。ブリックする危険はほとんどありませんが、導入は自己責任でお願いします。
・vshmain.prxのバックアップを自動的にms0:/にvshorig.prxと言う名前で保存します。これは、アンインストールの際や万が一のときにリストアして修復するときに使うので絶対に削除しないでください。また、このvshorig.prxは本体固有のものです。
・リストアの際は必ずバックアップをした本体のものをリストアしてください。PSPがブリックしてしまいます。パッチをアンインストールする際も同じなので注意してください。


導入方法
1.先ほどの手順で6.20PRO-B10をインストールしてから一緒に同梱されている620PRO_PermanentフォルダをPSP/GAME/にコピーします。

2.XMBより6.20PRO-B10 Permanent Patchを起動します。
LCFW6.20PRO-B10 Permanen Patch

3.画像のような画面が出ます。XボタンでPermanent Patcheを適用しても大丈夫か試します。ここでフリーズしたりクラッシュする場合は、導入すると何らかの不具合がでる事を示しています。
6.20PRO P-P INS IMAGE

4.試してみて大丈夫なら以下のような画面が出ます。〇ボタンでインストールです。
6.20PRO P-P CONPREATE IMAGE
完了すると、自動的にXMBに戻ります。電源を切っても、6.20PRO-B10の状態が維持されていれば、導入成功です。

Permanent Patchの機能
・CFWのように、Rトリガーを押しながら起動させることでリカバリーメニューが起動します。VSH系のプラグインやメモステ内の偽装用のversion.txtが原因でPSPが起動出来ないという場合にプラグインを無効にしたり、削除したり出来ます(最悪の場合、メモステを抜けばOKです)
・SELECTボタンを押しながら起動させると、OFW6.20として起動します。
・◯+x+START+SELECTを押しながら起動させることで、強制的にパッチをアンインストールします。この際ms0:/vshorig.prxがないとアンインストールできないので注意してください。

FastRecoveryを使用したPRO-B10のクイック起動
一度LCFW PROをインストールしたならPROの状態にするのにもう一度インストーラーを起動する必要はありません。
同梱されているFastRecoveryフォルダをPSP/GAMEフォルダ内にコピーすればすぐに使用できます。
さらに、PRO-B10からFastRecoveryも新しく更新。さらにクイックな起動が可能になりました
関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/166-794e1833

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。