Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPの隠し機能

Mathieulh氏によりFW1.00以降すべてのFWのPSPに搭載されている隠し機能についての情報が書かれていました。

その機能とは電源を入れる際に□+△+SELECT+STARTを押ながら起動させるとすべての設定がリストアされてデフォルトに戻せるという機能です。実行すると言語設定やタイムゾーン設定の画面が表示されます。またCFWの場合リカバリーモードの設定も当然初期化されます。
要するにリカバリーモードのflash1のフォーマット機能と同じですね。
Mathieulh氏によるとこの機能はサービスセンターで使用されている機能だろうとのことです。

他にも、XMB の[本体設定]→[PSP(PlayStation Portable)について]に自作のスプラッシュスクリーンを追加できるという機能です。
方法は簡単で、flash0:/vsh/resource/内に480×272サイズのpngファイルをname_plate.pngというファイル名で配置するだけです。
これで[PSP(PlayStation Portable)について]を選択した際に配置したpngファイルがスプラッシュスクリーンとして表示されます。ただ、たまにうまく反映されずにホワイトアウトする場合があります。

この機能はFW1.00時から存在するようで、Sonyか特別な方向けにPSPをプレゼントする際に使用してるのだろうと言われています。

一般ユーザからしたら、CFW等を導入しなければ使用できない機能なので正直微妙ですね。CTFテーマでは独自のムービーが挿入されてるのもありますし。
PSPが発売されてから後継機のNGPが発表されるまで隠し通されていたとはすごいです・・・世界中のハッカーに丸裸にされてもこんな単純な機能が発見されないなんて。

関連記事

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://brightstarnet.blog.fc2.com/tb.php/16-e228ba0f

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。