Bright Blog

PSP/PS Vita/Android/PC 旧ぶらいと☆ねっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPでTwitterをしよう!「PSP Gateway Alpha7」

PS VitaにはLiveTweetという公式アプリをインストールすることでPS Vitaのツイッタークライアントとして使用することができますが、PSPでは公式アプリなんてモンはSenceMeやらなんやらしかありません。
そんな中登場したのが、WEBを通して利用できるツイッタークライアント「PSP Gateway(FinalTwitter)」です。
このクライアントの特徴はTwitterのアカウントを持っているだけで利用でき、タイムラインの自動更新も利用できます。
Twitter on PSP
公式サイト(FinalTwitterに統合予定との事)

更新内容
●CSSとJavascriptの配信方法を変更

機能
●タイムラインを見る
●ツイート
●リプライ(リツイートには非対応)
●オートラン(自動更新)

利用方法
まず、Twitterのアカウントがあることと無線LANが使用できることです。
準備ができたらPSPのインターネットブラウザを起動し、キャッシュをクリアします。△ボタンでパネルを呼び出し、ツールからキャッシュクリアを選べばOKです。キャッシュを消さなくても利用できますが、以前のバージョンのPSP Gatewayを使ったことがある場合不具合が起きるので削除推奨です。
また、画面の表示モードは標準かジャストフィットでないと正常に表示することができないので変更しておいてください。

キャッシュのクリアができたらPSPから下のリンクをクリックするかURLを入力して、ログインしてください。

Login on Twitter for PSP!

URL : http://nyatla.jp/ft/


使い方

タイムラインを見る
PSP Image
こんな感じで表示されます。方向キーの左右でタイムラインを切り替えることができます

ツイートをする
Image
右上のコントロールパネルの真ん中の星をクリックします。すると左下にメニューが出てくるのでツイートにカーソルを合わせ、〇ボタンを押します。書き込み用ウィンドウが出てくるのでつぶやいちゃってください。

リプライ、リツイート他
Image
リツイート:未実装のため、使用不可。クリックしてもJavaScript警告が出てくるだけです。
リプライ:ツイートと同じくウィンドウが出てくるのリプライしてください。
キャンセル:メニューをしまいます。

オートラン、戦闘解除
Image
オートラン:このクライアントの目玉でもある自動更新です。クリックすると秒間隔でタイムラインを更新します。もう一度クリックするとオートランを解除できます。
戦闘解除:実実装のため使用不可。バトルモードなんて物が搭載される予定だそうです。クリックしても警告しか出ません。

発見されているバグ等
・0月が存在。
・PCでのキー操作は不可能。
・IEでの閲覧不可
・過去のツイートを見た際、最新のTLがおかしくなる
・OAuth認証に時間がかかる場合がある(最大1分~2分)
・履歴の時間表記が狂う
・勝手にログアウトする(逆にできないこともある)

やはりオートラン機能は使い勝手がいいですね。Twitterのサブクライアントとしては結構いいと思います。
一部バグ等がありますが、今後のアップデートに期待しましょう。
スポンサーサイト

MoonShell for PSP 1.00公開

DSでお馴染みのMoonShellがPSPに対応しました。
MoonShell Clock
MoonShell for PSP ver1.00 Install Manual

DSのHomebrewでも最高傑作だったMoonShellのPSP版が登場しました。
さすがMoonlight氏、完成度が高いです。
ソースコードも同梱されているようです、詳しいことは上記のリンクをご覧ください。

20111227150622.jpg
↑大好きな時計機能

09gモデルでFW6.20にダウングレードしてしまった人のためのエラー回避ツール「Pysical upgrader」 公開

以前紹介した、本体の制約によりFW6.30以下にダウングレードできなかった09gモデルをID Storageの偽装により04gモデルとしてFW6.20にダウングレードすることができるダウングレーダー「Chronoswitch Downgrader v5.0」では、正常にアップデートができなくなる等の数多くの不具合が残ってしまうという欠点がありました。
Chronoswitch Downgraderを適用してFW6.20にダウングレードした場合、無論アップデートもダウングレードもできなくなってしまいます。
今回の「Pysical upgrader」はDavee氏、Yoti氏ErikPshat氏、ValR氏、neur0n氏などの有名な方が名を連ねて作った、アップデートする時に出てくる「IDXFFFFFFFF」エラーを回避するためのツールです。

ダウンロード - PlayStation® Development

導入方法、使用方法はお手数ですが同梱されているReadMe等を参考にしてください<(_ _)>

09gモデルのPSPもOFW6.20にダウングレード「Chronoswitch Downgrader v5.0」公開

Devee氏より今まで本体の制約上OFW6.30未満にダウングレードできなかったPSP-3000の09gモデルにおいてOFW6.20にダウングレードできるダウングレーダー「Chronoswitch Downgrader v5.0」が公開されています。
しかし、まだ不具合が多いみたいなのでv5.1を待ったほうが無難です。

今までどうりの

FW6.60/6.39/6.38(6.35/6.31も含む)の04gモデル以前のPSP → OFW6.20

のダウングレードは普通にできるのですが

FW6.60/6.39/6.38(6.35/6.31も含む)の09gモデルのPSP → OFW6.20

のダウングレードで不具合が発生してしまうようです。

主な不具合として、

スリープができない、スリープすると電源が切れる

6.20以上にアップデートできない、「アップデートできません。データが壊れています。(IDXFFFFFFFF)」とでる

〇、×、□、△ボタンの認識が遅れる、押せるようになるまで時間がかかる

メモステ内のゲームで△ボタンを押しても詳細情報が出てこない

等の不具合があがっているようです。

いずれも初期FWや買った時期などによって左右されるので、必ずしも不具合が起きるとは限りません。

導入方法は他ブログさんを見てください。

"Chronoswitch Downgrader v5.0" リリース - PC GAME活用日記さん

v5.1がでたらこちらでも紹介しようかと思います。

どうでもいいですが、「Chronoswitch」とは「時を切り替える」「時を覆す」「時を入れ替える」とかいろんな意味があるそうです。

6.60/6.39/6.38 Downgraderリリース

soem1氏よりFW6.60、FW6.39、FW6.38(6.35及び6.31も含む)のPSPをOFW6.20(6.35も可)にダウングレードするためのツール6.60/6.39/6.38 Downgrader v4 が公開されています。
もともとDevee氏が発見したKernelExploitが他の人を伝わってsome1氏の所へやってきたみたいです。

・概要
FW6.XXのすべてのPSP(2011年8月24日現在)においてOFW6.20(6.35)にダウングレードする事ができます。
01g、02g、03g、04g、05gモデルはOFW6.20、
07g、08g、09gモデルはOFW6.35にダウングレードできます。
11gモデル(廉価版のアレ?)は初期FWが6.60のためダウングレード不可能です。

・注意等
11gモデルなどのインストールできない基板についてはチェックして弾くようになってます。
心配な方は、J416氏のPSP module checkerを使用して確認してください。

途中でバッテリーの残量チェックが行われるため、事前に充電してから行って下さい。

08g以降のモデルは初期FWが6.30のため6.20にダウングレードする事はできません。
そのため08g以降のモデルのPSPは6.20のアップデータの代わりに6.35のアップデータを入れてください。
6.35にDGする事ができます。

万が一のためにパンドラバッテリー等の復旧手段を用意しておいてください
対策基盤のPSP-3000やPSPgoでも使用できますが、失敗すると最悪の場合PSPがブリックするかもしれません。

ある程度の知識のある方が導入してください。
すべての導入実行は自己責任です。

・導入、使用方法
6.60 Downgrader をダウンロードしてきて解凍します。
ms0:(ef0:)/PSP/GAME/ に Downgrader フォルダをコピーします。
ms0:(ef0:)/PSP/GAME/UPDATE/に公式FW6.20のアップデータ(EBOOT.PBP)を配置します。PSPgo の場合は必ず内蔵ストレージの方に配置してください。08g以降は6.35のアップデータを使用してください。
(アップデータは PSP-1000~3000 用と PSPgo 用が存在するので注意してください)
XMB より Downgrader を起動させます。
アップデータ等のチェックが行われ、問題なければたくさん文字が出てきて確認されるので画面が表示されます。
xボタンを押します。

公式インストーラが立ち上がるので、指示に従いインストールを行って下さい。

PSPの再起動後、ブルースクリーンが表示されますが、まったく問題はありません。〇ボタンで設定を初期化してください。

・その他
元はFW6.31/6.35用のダウングレーダーなのでFW6.31とFW6.35上でも利用可能です。

PSPのFlash0にプラグインを導入「Flash0 Plugin Loader」

だいぶ前のものですが、PSPのプラグインをメモリースティック内(ms0:/seplugins/)ではなく、本体の内臓フラッシュのひとつであるflash0(flash0:/seplugins/)から読み込むようにするツール「Flash0 Plugin Loader」を紹介します。
「Flash0 Plugin Loader」

詳細は続きを読むからどうぞ><

続きを読む>>

OFW6.39のPSPに6.39ME-2を直接導入 6.39ME-2 installer for OFW6.39

neur0n氏よりOFW6.39のPSP上から直接6.39ME-2を導入できる「6.39ME-2 installer for OFW 6.39」が公開されています。6.39 installer

概要
OFWベースで導入できるので他のHENやCFWを導入する必要がありません。
他にもOFW6.39のアップデータを配置する必要がないなど利点が有ります。

ダウンロード>>sendspace
導入
installerフォルダをPSP/GAME/にコピーするだけです。
使い方
OFW6.39のPSP(非対策基板なのは言うまでもありません)上からインストーラーを起動するだけです。

備考
・ME.PBP が追加されています。
・SSのアイコンと背景はおととさんのものと差し替えています。

これは便利ですね。同時に、いたちごっこが始まりましたね。



iso_tool 1.976 by Takka

Takka氏より多機能UMDバックアップツール「iso_tool1.976」が公開されています。
iso_tool
ダウンロード>>きまぐれblog

更新内容
・XMBアイコン作成をPILアイコン作成に名称変更
・PILアイコン作成時の出力が正常にされないバグを修正(主にCSOファイルのバグだが、ISOにも同様の可能性ありとのこと)
・fake_np変換ライセンスのバックアップ先を./data/fake_np/licenseから./BACK_UP/fake_np_licenseに変更(開発者向け?)

導入方法
ダウンロードして解凍したフォルダ内のiso_toolフォルダをPSP/GAME/フォルダ内にコピーするだけです。
無線LAN環境がある方は、前バージョンのiso_toolのネットワークアップデート機能を使ったほうが楽です。

OFW6.38を6.20にDGできるツール6.38 Downgrader公開!

some1 氏により FW6.38 の PSP を FW6.20 にダウングレード可能にするダウングレーダが公開されています。


ぬあああんと、署名つきなので3000(09g、08gモデルは除く)やgoでOFW6.38にあげてしまった人でも6.20にダウングレードする事ができます!

6.20にダウングレードできると言うことはPROHENやTNHENを使ってpermamentpatchを使えばよりCFWライクな使い方ができるのです。

詳細は続きを読むからどうぞ><



続きを読む>>

アクセス数

最新コメント

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。